メジナについて・釣り方

メジナについて

呼び名

メジナも地方によって呼び名が変わります。

関東 メジナ、グレ
関西 グレ
九州 クロ
全般 25cm前後の事を足裏、20cm前後の事をコッパと呼びます。

種類

尾長メジナ(クロメジナ)

主に沖を回遊している。尾が長いのが特徴。
潮の早い離島などに生息数が多い。

s-mejina2

口太メジナ

主に地磯、堤防、浅場周りを回遊している。
岸近くなら何処にでも生息している。

s-mejina

見分け方

尾長は尾が長く、上下両顎の歯は一列、エラの縁が黒く、鱗が細かいのが特徴。対して口太メジナは、尾は扁平が多く、上下両顎の歯は2~3列、エラは黒くなく、唇が厚いのが特徴です。

メジナの生態

食性

口太メジナは主に海草など植物性のエサを食べています、動物性のエサも食べるようです。
尾長メジナは主に動物性のエサを食べ、エビ、小魚などを食べます。
季節により海草などの植物性のエサも食べるようです。

産卵期

産卵期は3~5月です。この時期は卵巣や精巣が大きくなったメジナが釣れます。

口太メジナの生態

晩冬~春

産卵の体力を付ける為、また産卵の為、大型が岸近くまで入ってきます。食欲は旺盛です。

梅雨期

コッパから大型まで、地磯から湾内まで入ってきます。この時期が一番釣りやすい時期です。いわゆる梅雨メジナと言われます。初心者にもお勧めです。

夏~秋

海藻類が少なくなり、食性が動物性に変化します。

晩秋~冬

食性が動物性から植物性に戻ります。これからがいわゆる寒メジナです。

メジナの釣り方

道具・仕掛け

黒鯛釣り・入門編と同じですが、変える点だけを解説します。

竿

1.2~1.7号程度を使用しましょう。あまり柔らかいと沈み根などに突っ込まれ、切られてしまうか、根に潜られてしまいます。

ウキ

円錐ウキを使用しましょう。サラシ場などでは棒ウキではアタリが取れません。

エサ

オキアミや練りエサ、海苔(次章参考)を使用します。

コマセ

配合エサ+オキアミやアミ、海苔を使用します。地域によってはイワシミンチを使う所もあるようです。

釣り場

沖磯、地磯、堤防と何処でも釣る事ができます。尾長狙いの場合は、潮が通す場所、沖磯、離島などに釣行しましょう。

海苔メジナ釣法

メジナの海草を食べる食性を利用して、海苔・アオサを使いメジナを釣る方法です。次章で詳しく解説していますのでご覧下さい。

海苔メジナ釣法
海苔(アオサ)でメジナ・グレを釣る方法を紹介しています。あなたも海苔メジナ釣法に挑戦してみませんか?

フォローする

関連コンテンツ
TOP