半夜で地磯の浅場狙い、今日は出なかった。

釣行データ

日 付 2019年 6月 21日(金)
天 気 曇りのち晴れ
中 潮
対象魚 黒 鯛 メジナ
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 な し
釣行時間 18:50-22:00

釣行記

今日は先日に49cmを取った場所で夕方からの半夜釣行をすることにした。この前は明るくなるとフグだらけだったので、フグ対策も考える。

到着して状況判断。風は南風ちょっと吹いているが問題ないレベル、海はうねり少しと風波でザワツイている。先日とほぼ同じ状況。ゆっくりと準備をする。

鱗坊さんの釣行記に「明るい時間帯からコマセするとフグの活性を煽るだけで暗くなってもフグが散らない傾向あり」とあったが私も全くの同意見。夕方からの半夜では暗くなってからコマセを入れ始めるのが良いと判断する。

18:50から開始。コマセ入れずにオキアミで流す。やはりコマセを入れなければフグは出ない。オキアミは残りっぱなし。19:10、20分経過してもフグは出ない。そろそろコマセを入れ始めようかと判断。コマセを少しづつ入れた。
10分後、クサフグ湧いた。(泣)

まだ空が明るいので、練りエサでもサナギでもアタリなくエサが取られる。ここでコマセを入れなくした。サナギでフグが消えるのを待つことにした。ようやく暗くなってきた19:40、サナギが残り始める。オキアミで試すと残ってきた。ふ~良かった、フグ地獄は避けられた。

間もなく満潮、潮位が上がったので一段後ろへ下がる。ようやくオキアミでモゾモゾするアタリが出る。しかし消し込まない。回収するとオキアミの頭だけ取られている状態。エサ取りがなんだか分からない。

20:15の満潮になるとうねりが増大する。潮も前回と同じで食いそうな気はする。オキアミでスコンと入ったがクサフグだった。それ以降はまたオキアミは残る。しばらくは丸残り状態が続く。

21:00頃、潮位が下げ始め再び前へ出る。オキアミでモゾモゾアタリが継続、一度ゆっくりとウキが入ったが掛からなかった。フグはスコンと入るからフグではない。21:30からは潮は早くなったのにオキアミ無傷、アタリなし。今日は22:00まで粘る。最後にウキがスコンと入ってクサフグだった。あのモゾモゾはメジナだったのだろうか、ちょっと分からない。22:00で終了としました。

今日も出ると思ったんですが、なかなか難しいですね。7月に入ったらまた深夜時間帯から明るくなるまでを狙ってみましょう。その方が最初からコマセを入れられてフグ対策を考えなくて良いです。

次回はどうしましょう、そろそろカイズが出る筈なんですよね。別の場所で半夜か早朝狙いかな。

フォローする

TOP