桜が咲き、私の釣りは一段落。

東京の桜も昨日開花したとか。暖かくなって人間の活性も上がってきそうです。
私は桜が咲いた以降は釣れなくなります。
これは混雑する場所は避けてマニアックな場所を攻めるために釣れなくなると思ってください。
人気場所へ行けば釣れるかも知れませんが、それでは面白くありません。
今後は週1程度で釣行していきます。勿論、条件が良ければ釣行します。


先日はアクセス数が減ってきたと書きましたが、暖かくなってきたせいかアクセス急増。
今は釣れないからあまりアクセスして欲しくないんですよね。厳しい冬に如何にして釣っているかを見て欲しいです。
アクセス数が多いと釣らなきゃいけないというプレッシャーが出ますので…。(笑)


最近はガソリンも何もかもが値上がり、マルキュー製品も値上げらしいです。
配合エサ・練りエサがどの程度上がるのか気になりますね。
練りエサは完全自作へ移行中です。配合エサもヌカの追加割合を増やそうかな。その内、紀州・ダンゴ釣りのようにヌカ・砂オンリーも考えるかも。


最近は自作練りエサの生サナギダンゴを自画自賛している私です。
実際に掛けたのは2回でしたけど、今までで最高の練りエサと自負しています。

生サナギダンゴはサナギ粒より優れていると思ってます。その理由です。
まずはフグに強い。サナギ粒は齧られて取られてしまいますが、生サナギダンゴは残ることが多い。
次にエサの有無が分かる。練りエサの重さがウキに乗ります。サナギ粒だと分からないんですよね。フグに取られたかどうかで空針で流すのを防げます。
そしてフグにチモトのハリスを齧られない。何故かサナギ粒やオキアミだと、針上のハリスがガタガタに噛まれるんです。生サナギダンゴだとハリスを噛まれる事は少なかったです。

夏の半夜は生サナギダンゴメインで釣りをしようと考えてます。すごく楽しみです、早く夏にならないかな…。今年は生サナギダンゴで爆釣したいですね。

フォローする

TOP