急遽、渚釣り。フグは消えたが…。

釣行データ

日 付 2022年 3月 19日(土)
天 気 曇りのち晴れ
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 15:20-18:20

釣行記

今日は南西風の予報が出ていたので、浅場狙いへ行く気でいた。しかし風は吹かない予報へ。今日の釣行は諦めようと思っていた。
所がいつもの渚の海岸工事が午前中で終了した。うねりはあるが今日は夕方満潮で条件は良い。急いで支度をして釣行する事にした。

状況はほぼ無風、うねりは高い。白濁した潮。過去にもこの条件で取っているので期待はできそう。水温を計測すると16.0度、やはり高い。

15:20から開始。まずはオキアミで様子見するがエサが取られる。フグを疑い練りエサに変えてみると残りっぱなし。エサ取りはフグではなくウミタナゴだろうか。

16:00前からはやっぱりクサフグが出始めた。生サナギダンゴに変えていく。ここで生サナギダンゴでモゾモゾ、ウキが入り一呼吸置いてからアワセてヒット、だが軽い。上がってきたのは大きなキュウセンだった。

クリームダンゴやエビダンゴはフグに食われてしまうが、生サナギダンゴだけは残る。やっぱり生サナギダンゴは優秀だ。以前のパターンだとサナギ粉ダンゴでフグを交わし、気配が出てきたらクリームダンゴで食わす。だが生サナギダンゴは気配を探しつつこのエサで黒鯛に食わせる事が出来る。これは夏の半夜で活躍しそう、また大量に作る事にする。

いつもだと日没前後はフグのピークだが、フグが消えてくる始末。クリームダンゴでも残る、オキアミは残らなかった。黒鯛の気配なのか、ただ食い気のない黒鯛が通過したのか。

満潮の17:30を過ぎるとうねりが増大してきた。徐々に暗くなるが練りエサは残ったまま、フグは消えたまま。18:20、潮位が下げてきたが逆にうねりが増大し這い上がってくる。荷物が流されそうになる。暗くなったら危険と判断、ここで終了としました。フグは消えたけど黒鯛の気配だったのか分かりませんでした。

昨年の今頃はフグ地獄継続で手の打ちようがない状態でした。所が前回も今回もフグが消えてしまう。今年1月の低水温でフグが死んだか移動した可能性があるかもですね。今回の場所は工事の影響もあったかもです。

もう一度、夕方満潮に渚釣りをやってみることにします。

フォローする

コメント

  1. あさり より:

    沢村さんに、お聞きしたいのですがサナギ系のタンゴえさは、市販されていないこですか?

    • 沢村 より:

      市販されているサナギ系練りエサはこれですね。

      生さなぎミンチ配合。高集魚力の配合エサ・生さなぎ黒鯛との併用で海底にポイントを作り、嗅覚を刺激するサナギエキスで大型チヌを狙い撃ち。
      一度、購入して使いましたけど、サナギ臭がそれ程でもなく、柔らかすぎる感じでした。またフグには弱かったです。

  2. うさぎ より:

    荒食いブラウンも何回か使って釣れましたけど
    サナギの匂いというか単純に臭いです!(笑)

    • 沢村 より:

      荒食いブラウンもフグには弱かったですね。
      私の生サナギダンゴ、嗅がせてあげたい!!(笑)

TOP