南西強風、超浅場を攻めてみる。

釣行データ

日 付 2019年 12月 14日(土)
天 気 快 晴
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 14:40-17:10

釣行記

今朝は久しぶりに超浅場の下見に行ってみた。もう見えないだろうと思っていたが、ウジャウジャいるじゃないか。距離30mの間に総数30匹は超えている、大きさは40前後。ただ食い気は無さそうで回遊しているだけな感じ。でもこれだけ居るなら一匹ぐらい食ってくるんじゃないか?今日は渚を予定していたが予定変更する。フグが多い場所なのでコマセ用オキアミも持参する。

今日は南西強風で土曜日なので釣り人は居るかなと予想した。しかし到着してみるとガラガラ。ポイントは黒鯛が見えていた近く、浅根でうねりが崩れ、際に当たり払い出している場所を選択する。この周辺での実績は53cmとか仲間が3kgオーバー、50前後連発とかかなりある。ただその時は西風暴風だった。

状況は南西~西南西の強風。水温は16.1度。うねりあり。濁りもあった。しかし、徐々に風は弱まり、濁りは取れてくる。

14:40から開始。コマセは最初だけ広範囲に打ち、暗くなる前には際のみにする作戦。すぐにフグは出始める。コマセは際のみに変更。しかし、沖目でも近目でもフグばかり。サナギで沖目を流すと残るが近くは残らない。サナギで続けていたが、フグが煩くなってくる。コマセにオキアミを入れて際に集中させても沖目のフグは消えることはない。多分、フグの量が半端ないんだと思う。

15:00、周りの様子を見に行く、釣座横10mで際に黒鯛見えた。竿を持っていったがもう居ない。試しにオキアミで流してみたがやっぱりクサフグ。その後もフグばかり。16:00前、もう一度見に行く、釣座の15m横にやっぱり黒鯛見える。今度は左右両方に見えた。なぜ食わない。あれだけ居るんだから食い気がある奴が入ってきてフグを蹴散らしても良いと思うのだが。

16:00には風が穏やかになってしまう。潮もどんどん透明に。動きもなくなる。フグは相変わらずの活性。コマセにオキアミを入れてもエサは残らない。暗くなって電気ウキに変えたけどフグは消えない。今日は18:00までやる予定だったけども、17:10に針を取られてギブアップ。ここで終了としました。

今日は西風暴風になると予想して超浅場狙いをしたんだが、結局は大して強くならず、期待外れな風だった。見えている黒鯛は、見えない場所で狙ったほうが良かったのでしょうか?また西風暴風の機会はあると思うので挑戦してみましょう。

フォローする

TOP