今日も渚釣り、低水温なのにフグの猛攻、何とか1枚ゲット。

釣行データ

日 付 2020年 1月 22日(水)
天 気 曇りのち晴れ
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 38cm 1.06kg
釣行時間 13:00-17:10
ヒット時間 16:50

釣行記

今日も渚釣りへ行くことにした。今日は満潮が14:00過ぎで潮回りは良い。海水温は下がっている感じだが、入れれば出るだろうと軽い考えで居た。

今日も目的の場所に入る。状況は北東の風、ちょっと吹く時間帯もあった。潮は薄い白濁。さて海水温は12.4度、やっぱり下がっている。過去に渚で11度台でも取っているので、渋いだろうけどオキアミで勝負出来れば取れるだろうと考える。

満潮が14:00過ぎなので早めの13:00に開始。最初はコマセを打たず様子見、フグが掛かる。コマセを入れ始めるとクサフグの猛攻が始まってしまった。低水温なのに何で活性が高いのか?ちょっと異常なくらいのフグの活性。オキアミや練りエサは仕掛けを入れたと同時にウキを引っ手繰って掛かってしまう。仕方なくサナギや自作サナギダンゴも使うが全く持たない。これは黒鯛が入ってきてフグが消えるのを待つしか無さそうだ。前回はフグは静かだったのに、最近オキアミコマセの人がやったのだろうか?

満潮前後はややフグが静かになるが、下げ始めると勢いが増す。フグは全く消えない。この調子だと持参したオキアミは足りなくなりそう、クリームダンゴとサナギは沢山あったのでそちらをメインに使う。16:00、フグは相変わらず煩い。もう何匹掛けたか分からない。

16:30、ややフグが静かになったかな。サナギはちょっと残る。クリームダンゴも徐々に持つようになる。オキアミに変えると必ずフグが掛かる。16:40、一度クリームダンゴで押さえ込み・サスペンド。前回と同じアタリが出たが掛からなかった。オキアミだとやはりフグが食ってしまう。

16:50、クリームダンゴで続けるとモゾモゾと押さえ込んでサスペンド。まだウキトップは僅かに見えている。何処でアワセりゃ良いんだ状態。黒鯛は居食いしている感じ。10秒くらい継続したのでアワセてみることに。ガツンとヒット、ドラグが唸る。よし黒鯛だ。ドラグを締めてレバーに切り替え。重量感はあり大きいと感じた、なかなか寄せられなかったが時間を掛けて寄せてくる。姿が見えたが、あれっ小さいじゃん。タモ入れすると重さはあった。38cm 1.06kgの黒鯛をゲットしました。40は無かったけれどキロは超えてました。今日新調したタモ枠に魂を入れることが出来ました。

次を狙うともうフグの海。クリームダンゴで粘ってみたが最後もクサフグ。17:10で終了としました。今日はクサフグを30匹以上は掛けましたね。でもハリスを齧ることがなかったのでイライラはそれ程でも無かったです。

最後に1枚取れて良かったです。週末辺りから天気がぐずつき、雪の可能性もあるようです。雪になれば雪後の黒鯛もやってみたいかな。

フォローする

TOP