新たな場所で渚釣り、フグが消えて気配出たけど掛けられず。

釣行データ

日 付 2020年 2月 3日(月)
天 気 曇 り
長 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 14:00-17:00

釣行記

今日は先日下見した新たな場所・砂浜で渚釣りに挑戦する。今日は長潮で夕方干潮、条件的には厳しく、出ないかも知れないが南西風なのでやってみることにした。

様子見に行くと離れた所に投げ釣りのカップル、私の入りたい場所は空いていたので入ることにする。状況は西南西の風、やや強い。薄い白濁。水温は13.4度だった。潮位はもう下げてきている。

14:00前から開始。風が強風に変わる。斜め背後からの風で、仕掛けもコマセもよく飛ぶ。30m以上は飛ばしていたと思う。開始するとすぐにクサフグが出始めた。コマセが効き始めるとクサフグ入れ食い。まだハリスを噛まないだけマシ、練りエサやサナギも使う。この程度のクサフグなら黒鯛が入れば消える筈と辛抱強く続ける。

15:00になると風が弱まってしまった。仕掛けもコマセも飛ばなくなる。潮位がどんどん下げ、釣座を前に移すがうねりが出始めてしまった。うねりの崩れた波でラインを取られウキを引っ張ってしまう。また風が止んだことで仕掛けは左流れなのに手前側は離岸流で右流れ、道糸が右に膨らんで仕掛けを引っ張ってしまう。これではダメだ、釣座を離岸流の正面に移動する。今度は問題なく流せた。

15:30、突然フグが消える。オキアミが残り始めた、黒鯛の気配だと思う。何度かウキが入るが掛からない。待っていても浮いてきてしまう。オキアミは頭だけ取られたり潰されたり、黒鯛っぽいのだが食い込んでくれない。

気配は16:30まで継続。しかしそれ以降はフグが出始めてしまった。潮位もかなり下げてしまい、17:00で終了としました。

途中、漁師さんが声を掛けてきて、「フグばかりだろう」と見透かされた。あれ、この漁師さん、以前にタモ入れを手伝ってくれた人だ、あの時はうねり高くてタモ入れ苦戦していたんだ。向こうは気付かないが私は分かった。10分くらい話したのだが、とても良い情報を得た。今日は情報を得ただけでも釣行して良かったです。黒鯛は相当数居るようです、次回は大潮満潮時に挑戦してみようと思います。

フォローする

TOP