チンチンの中からカイズ。

釣行データ

日 付 2020年 11月 17日(火)
天 気 快 晴
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 カイズ 27cm
釣行時間 4:50-7:40
ヒット時間 6:15

釣行記

今日は早朝の釣行としたが、何処に行こうか迷う。朝が満潮なので渚でも地磯でも良い。最初は地磯へメジナ狙いでも良いかなと思っていたのだが、膝の調子悪く磯歩きはちょっと不安。前回チンチン入れ食いの場所へ行ってみる事にした。

状況は北東風やや強い、澄み潮。水温は19.4度まで下がっていた。さて、フグの活性はどうだろうか。

4:50から開始。最初はオキアミ無傷、コマセを入れ始めるとエサ取りが出始める。最初はフグだと思っていたが、練りエサで流すとちょっと違うアタリ、食い上げたりツンと入ったり。大きなアタリは出ない。やっと掛けると手のひらサイズのチンチン。ここから練りエサでもオキアミでもチンチン入れ食いに突入。サイズは最大でも18cm程度と小さい。

何故かサナギは全くの無反応。空が明るくなってもポツポツとチンチンは出る。満潮前の6:15、オキアミで流してみると今日イチの消し込み。またチンチンかと思ったが抵抗は強い。抜き上げて元気な27cmのカイズをゲット。取り敢えず一安心。撮影後リリース。

まだ出るだろうと思っていたが、満潮から下げに入るとパッタリとアタリは途絶える。一度フグが掛かっただけ。下げ始めたが生体反応が無くなってしまった。練りエサは残りっぱなし。7:40、アタリが無くなり終了することにしました。

チンチンはかなり湧いているようです。まるで黒鯛の保育園状態、その中からやっと小学生サイズを引き出しました。お母さんはお迎えに来なかったのでしょうか、綺麗な保育士のお姉さんでも良かったんだけどね。(笑)

さて、今週末は南西強風になりそう。どの程度吹くのかまだ予想できません。吹いてくれれば大型のチャンスは有ると思うんですけど、釣れなくても頑張ってみます。

フォローする

TOP