渚釣り、気配・アタリは出たのに食い込まず。

釣行データ

日 付 2020年 12月 18日(金)
天 気 晴れ時々曇り
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ アオサ
釣 果 な し
釣行時間 13:30-17:20

釣行記

今日は午後から釣行する事にした。チンチンの多い場所に行きたかったけど南西風が吹きそう、浅場に行くには荒れ足りず、結局渚周りへ行く事にした。

南西予報なので渚は数カ所候補あり。まずは最初の場所、空いているので入る事にする。

到着してまずはアオサを採取。すぐに一握り採れた。フグが多ければ使うつもり。状況は南西~西の風弱い。澄み潮。水温は16.4度まで落ちていた。フグの活性はどうだろうか?

13:30から開始。まずはコマセを入れずにオキアミで流すとそのまま戻ってくる。コマセを入れ始めてもオキアミは残ってくる。この調子なら大丈夫だ、しかし15分後クサフグが出始めた。ちびクサフグが多いみたいでなかなか針がかりしない。クリームダンゴなら齧られても残ってくる。フグは徐々に勢いを増してくる。

一時間後の14:30、突然フグが消えた。オキアミでさえ戻ってくる。クリームダンゴで続けているとフワフワし始める。回収すると練りエサは齧られてない。近くに黒鯛が居るに違いない。クリームダンゴで粘っているとモゾモゾしている、なかなか食い込まない。そのうち無反応に。オキアミでやっても同じようなモゾモゾは出るが消し込む事はない。一度オキアミでちょっと入ったので無理矢理アワセを入れたが掛からない。クリームダンゴでも同じようにやってみるが掛からない。黒鯛は居るのに食わない、何ともモドカシイ。

今まで西の風だったのに突然弱くなってしまう。潮もいい感じで動いていたのに止まってしまう。15:00、飲み物を飲むため、サナギで仕掛けを入れて置き竿にしておいた。すぐにモゾモゾ、急いで竿を持ちアワセる準備。しかし浮いてしまい無反応へ。回収してみると明らかに黒鯛が齧ったような形跡あり。何故、食い込まないのか?

その後はアタリが途絶えて今度はフグが出始める。16:00になると再びフグは消えた。仕掛けを回収するとアオサが針に付いてくる事が多くなった。底に生えているのを引っ掛けたのか、流れたのが引っ掛かったのか?アオサが生えているならアオサを試してみようと小さく針に付け流す。するとモゾモゾし始めた。待っていたけど無反応に。回収するとアオサが半分取られていた。アオサを食うメジナやアイゴやブダイは居ないし黒鯛だと思う。悔しい。アオサで続けてみたけどアタリは出なかった。

フグは消えたままでオキアミでも残る。日没後の16:35、オキアミで明確なアタリ、しかし掛からなかった。これはまだ食うと同じポイントへ仕掛けを入れてみる。するとまた消し込んでヒット。すぐに小さいと分かる、チンチンだろうか?抜き上げてみたら20cm程度の大きいウミタナゴだった。久しぶりにウミタナゴを釣った。その後はオキアミでもウミタナゴは出ず、アタリも出ず。17:20、オキアミでやっていたらフグが出る。フグが出るようじゃ黒鯛はいないと判断、寒さも増してきたので早目の終了としました。

黒鯛の気配はムンムンなのに食わない、モゾモゾしても消し込まない、もどかしさは最高潮。何かのきっかけがあれば食うんでしょうかね。年内は浅場のみで渚の予定なし、また来年にやってみる事にしましょう。

年内は南西強風の荒れ待ちかな。チンチンが多かった場所もやってみたかったんですけどね。

フォローする

TOP