渚釣り4連敗、フグ消えず気配なし、新しいエサもダメだった。

釣行データ

日 付 2021年 2月 9日(火)
天 気 快 晴
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ イカのさなぎ漬け
釣 果 な し
釣行時間 15:30-18:00

釣行記

昨日は新しいエサを加工、完成し今日はお試しのつもりで短時間の渚釣りに行くことにした。新しいエサは・・・イカリングのサナギ漬け。果たしてフグに噛まれても残るかどうか。

状況は南風時折やや強い。僅かな濁り、うねりはない。水温は15.6度だった。

遅めの15:30開始。横風が時折吹いてくる。今日はPEをダイワの磯デュラセンサーを使ってみる。開始するがラインが上潮と風で大きく膨らんで仕掛けを引っ張ってしまう、メンディングでも引っ張ってしまう。これではダメだ、竿ごと交換。今度はアーマード F+ Pro、これなら問題ない。

開始するがオキアミ残りっぱなし。水温下がってフグが消え始めたのかと一安心・・・出来なかった、30分後フグの猛攻が始まる。やがてサナギも秒殺状態に。

ここでイカのサナギ漬けの出番。まずは無加工のイカリングを3cm程度にカットして付けてみる。はい、一発でフグが掛かりました。やはり無加工は白いし目立つ、そして柔らかい。サナギ付けに変えるもややマシになっただけ。フグに齧られ、フグが掛かる。イカの耳部分は硬いからどうだろう、齧られても針に残ってくる。でも長く流すと取られてしまう。もうちょっと加工が必要そう。

日没を過ぎても暗くなってもフグの活性は同じまま。多分、黒鯛は入っていなさそう。18:00でハリスをガタガタに噛まれ、そこで終了としました。

イカのサナギ漬けはやっぱりフグには敵わなかった。塩漬けして水分を抜いて締めるか、違うイカを使ってみるか。今回使ったのはイカリングにカットされ冷凍にされたスルメイカ、確か350円くらい。それを解凍してチヌにこれだとさなぎ粉に一晩漬けた。色は良い感じに付きました。黄色着色は目立つからダメかもね。あとはコウイカのような肉厚なものかな。写真はサナギ漬け、これをカットして針に刺しました。

1月は嘘みたいに簡単に釣れたのに、これで渚は4連敗、嘘みたいに釣れません。1月の時は日没にはフグが消えて黒鯛が食ったのに、全くフグが消えないということは黒鯛が入ってないのでしょうね。あと1、2回やってみてダメなら場所を変えようと思っています。

フォローする

TOP