渚釣り、定期調査釣行2。

釣行データ

日 付 2021年 6月 11日(金)
天 気 晴 れ
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ
練りエサ イカタン
釣 果 な し
釣行時間 2:40-4:30

釣行記

今日は渚釣りの定期調査釣行2回目。今日はネンブツダイ、小サバ、アイゴ、フグの活性を調査するのが主な目的。黒鯛が出れば嬉しいが気配だけでも良い。

今日は早朝のみの釣行とした。状況は無風・澄み潮・ベタ凪、条件は悪そう。水温は21.7度だった。アイゴが出てもおかしくない水温。

2:40から開始。最初はアタリなし、コマセを入れ始めるとネンブツダイが食い始める。オキアミなら入れ食い状態、練りエサに変えるとたまに触ってくる程度。練りエサは残ったまま。

練りエサではほぼアタリなし、つまらなくなってオキアミに戻すとネンブツダイ入れ食い。3:10、急にネンブツダイが食わなくなる、完全に消えた。オキアミは無傷。これは大型魚が入ってきた気配っぽい、黒鯛だろうか。

3:30からクリームダンゴでモゾモゾアタリ、一回はそのままアタリが無くなる。二回目はモゾモゾと後、ツンと僅かに入った。思いっきりアワセてみたけど掛からなかった。黒鯛っぽいアタリ、アワセが早かったか、その後はアタリが出なかった。

3:50には東の空が白けてくる。もうフグが出始める。サナギに変えるが秒殺。荒割サナギも持たない。前回のコマセ先打ちも試したがエサは残らない。イカタンもフグ入れ食い。渚のフグは比べ物にならないくらいの数がいることが判明した。もう交わしようがない。

4:30、海面でフグがピチャピチャ、フグ地獄状態。海苔かイガイでも無ければこれ以上やっても無駄、終了する事にしました。

やはり渚のフグは手強い。ただ暗い時間帯は全く食ってこなかった。暗い時間帯のみの半夜釣行・深夜釣行を次回は試してみようと思う。

フォローする

TOP