渚釣り、日中釣行。エビダンゴで40cmゲット。

釣行データ

日 付 2022年 1月 29日(土)
天 気 曇りのち晴れ
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ 練りエサ
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 40cm 1.08kg
釣行時間 11:30-15:20
ヒット時間 14:00

釣行記

自作練りエサ・エビダンゴソフトが出来上がったので試してみたい。今日は満潮が13:00過ぎ、満潮前後の日中に渚釣りをやってみる事にした。

昼食を早めに食べて釣行。潮が下げてくる15:00までの日中勝負とした。状況は北東~南東の風弱い。風はコロコロ変わる。澄み潮、うねり僅か。水温を計測すると16.2度まで上がっていた。

11:30から開始。オキアミで様子見すると頭だけシャブラれている。多分、ウミタナゴかヒイラギだろう。フグは出てこない。

お昼の12:00、クサフグが出始める。でも煩くはない。30分後、フグは消えてしまうこともある。

フグが出ている間はエビダンゴソフトを試したがクリームダンゴよりややエサ持ちが良いかな程度。残ってくることもあった。最初に作ったエビダンゴはかなり硬く、フグの歯型が付いて戻ってくる。ソフトの方が食い込みは良さそう。

13:00頃から何度かアタリが出るが、モゾモゾ・食い上げでしばらくすると無反応に、試しにアワセを入れてみたけれど掛からなかった。

14:00、エビダンゴソフトでモゾモゾ、食い上げ、再びモゾモゾ。怪しいアタリ。ちょっと押さえ込んで動かなくなった所でアワセるとヒット。すぐに黒鯛と分かる首振り、アワセが早かったからバレないか心配、慎重にやり取りすると沖に突っ走られる。レバーと前へ出て対処。波打ち際でまた大暴れ、3回走られたがタモ入れ成功。40cm 1.08kgの黒鯛をゲットしました。針は唇の皮一枚に掛かってました、危なかったです。やっと自作練りエサ・エビダンゴで黒鯛を取ることが出来ました。小さくても嬉しさは倍増です。

次を狙うがやはりフグが出てくる。フグが消える時間もあり、モゾモゾアタリも出たけど食い込まない。15:00からはフグの勢いが増してくる。15:20、ちょっと疲れたし、黒鯛も出たので満足して終了としました。

自作練りエサは色々と試行錯誤しましたが、やっと黒鯛が取れました。最初に作ったのは硬すぎましたね。エビダンゴ・ソフトタイプも柔らかさの改良をしたいと思います。今日は日中釣行で取れたのもまた収穫です。

黒鯛の消化器官は全て黒っぽい細長い海苔ばかりでした。岩海苔っぽいです。また熟した卵を持ってました。水温が変で乗っ込みなのか分からないですね。

TOP