久しぶりの渚釣り、エビダンゴで37cmゲット。

釣行データ

日 付 2022年 3月 30日(水)
天 気 曇り時々晴れ
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 37cm 0.91kg
釣行時間 13:40-17:00
ヒット時間 14:35

釣行記

最近は釣行を考えると雨だったり強風だったり体調悪くなったりで行けてない。今日は満潮が15:30、明るい時間のみで渚釣りをする事にした。南西予報だけど強風になったら撤収でも良い。

最近の渚は潮がほぼ動かず黒鯛を呼び込めていない感じがする、今日は風で潮が動きそうだ。釣れなくても良いので楽しむ事にする。本当は今日あたりボーダレスを使いたかったのですが納期は4月中旬以降、渚釣りシーズンに間に合わなかったな。半夜の浅場でも使ってみましょう。

状況は南の風やや強い、風は強弱を繰り返している。潮は薄濁り、うねりあり。水温は16.4度だった。

13:40から開始。まずはオキアミで様子見。残ったり取られたりを繰り返す。練りエサに変えると残りっぱなし。エサ取りはウミタナゴだろうか。

14:20頃から練りエサで根モタレのように極ゆっくりとウキが入る。底は砂地、タナは底を切っている・這わせてない。おかしい、でもアワセても掛からず、待っていると浮いてしまう。そんなのが数回続いた。風は強弱を繰り返し、一時は白波まで出て帰ろうかと思うほど、ただ潮は根に向かって流れていた。

アタリの正体はヒガンフグと推測したがまるで掛からない。14:35、モゾモゾが継続、再び根モタレ、そこでウキが浮き上がった直後、明確な消し込みを捉えてヒット。最初はアイゴを疑ったが、頭を振る引きで黒鯛と確信。バレるなよと念じながら寄せに入る。波打ち際でまた走られる。タモ入れして37cm 0.91kgの黒鯛をゲット。エサは自作練りエサ・エビダンゴでした。これでエビダンゴで4枚目かな。

次を狙うがやはりフグが湧き始める。一時は生サナギダンゴも持たなかったが徐々に静かになってくる。水温高いからサナギも試したがボロボロにされるだけ、エビダンゴでは頻繁にクサフグが掛かってしまう。ここは生サナギダンゴで粘る。

満潮を過ぎても状況変わらず。風も強弱繰り返し。何とか黒鯛の気配を出したいのでコマセは一点集中するが掛かるのはフグばかり。徐々に潮位は下げ始める。17:00になるとフグ地獄突入、潮位も下げてしまったし、1枚でも取れて満足したのでここで終了としました。

久しぶりに桜が満開でも黒鯛取れた。40無くてもエビダンゴで取れた事が更に嬉しい。渚釣りは工事で中断してたけど続けて良かった。まだ出るのだろうか、もうちょっと続けてみようと思います。

TOP