久しぶりの地磯へ釣行。

釣行データ

日 付 2022年 4月 12日(火)
天 気 曇りのち晴れ
中 潮
対象魚 黒鯛・メジナ
エ サ オキアミ 練りエサ アオサ
釣 果 な し
釣行時間 2:45-6:15

釣行記

今週後半に地磯へ釣行を予定していたが、台風北上+天気が崩れ、ちょっと厳しそう。今朝は潮位が高くないが荒れる前に行ってみる事にした。候補のポイントは2ヶ所、状況を見て決める事にした。

到着して様子見。南風がやや強い。今朝は潮位が低いので潮通しの良い場所に入ってみる事にする。ただちょっと磯歩き、休憩しながらゆっくりと向かう。 この地磯は最近来ていなかった。乗っ込み後半の実績は51cmなど多数ある。メジナも出るかも知れないので乾燥アオサも持参。

前日にうさぎさんがこの近くへ釣行したがフグ地獄だったとの事、まあダメでも良い、久しぶりの地磯を味わうことにする。

状況は南南西の風やや強い。うねりは少し、風波がある。澄み潮。水温を測ると16.5度もある、15度を予想していたが上がったみたい。

風はほぼ正面からなので浅場・渚専用の遠投できるウキと仕掛け。最初はハリスも矢引きにしたが水深あるのでヒトヒロに変更。潮位が低いので釣座は前に出てみた。満潮が3:00、満潮前の2:45から開始した。

最初はオキアミで様子見。潮は早く流れ、すぐに沈み根まで到達。潮上にコマセと仕掛けを入れるようにする。オキアミはたまに取られる。練りエサは残りっぱなしなのでウミタナゴだろうか、オキアミでカラだけ残ってくる事もあった。

満潮を過ぎ潮が下げ始めた4:00、オキアミで一気に消し込むアタリ、しかし掛からなかった。明るくなってくると風は徐々に弱まり、潮の動きも緩くなる。沈み根周辺を直接狙ってみたがアタリは出ない。

4:40、明るくなるとフグが出始める。一時はサナギダンゴも持たなかった。所が5:00にフグが消える。潮は止まったままだが気配だろうか。誘いを掛けたり色々やるもアタリは出なかった。10分程度でまたフグが出る。でもフグは静かで練りエサでも多少持つ。

今日は磯歩きを考え、コマセを減らして持ってきた。そろそろ終わりそう。6:00、最後に現地採取のアオサを試してみるがアタリは出ず、6:15で終了としました。

久しぶりの地磯で気分は良かったです。今週末、荒れ程度にも寄るけどもう一回行ってみたいと思います。

乗っ込みも後半~終盤戦に入るでしょうか。今週末は渚も行きたかったのですが、うねりが入ったら無理でしょうね。乗っ込み黒鯛をあと1枚取りたいですが出るでしょうか、諦めずに狙ってみます。

フォローする

TOP