地磯に釣行、低水温でやっぱり撃沈。

釣行データ

日 付 2016年 3月 25日(金)
天 気 晴 れ
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ 練り餌
釣 果 な し
釣行時間 4:15-6:45

釣行記

今朝は先日に行った地磯に釣行する事にした。撃沈は覚悟の上。
先日の釣行時は大時化で底の状態やタナなど分からず、今朝はタナを細かく測りポイントを推測することが主な目的。

到着すると北東のやや強い風、うねりは僅か、ザワツイているだけ。
水温を測ったら、まさかの12度台、これは厳しい。
寒さも厳しく、体は暖かいのだが指先が悴んでしまう、風もあるので寒く感じる。

まずは周囲のタナを図って頭のなかで3D化する。
左から右への緩やかな駆け上がり、更に右は浅根へとキツイ駆け上がり。
沖はやや深くなって深みに繋がっている。
やっぱり10数年前の記憶は間違っていたことが判明する。

4:15から開始。暗いうちはゆっくりと右流れ。オキアミで流すが何度かアタリは出たが掛からない。
一度何か重い引かない物を掛けたが針が外れた。タコかな?

今日は明るくなる頃がちょうど満潮。潮は全く動かなくなってしまう。下げ始めると今度は逆に動く始末。
オキアミでもアタリ無く、たまにオキアミが取られる程度。
数回、消し込むアタリはあったが掛からなかった。
これ以上続けても同じと判断し、6:45で終了としました。

前回は14.5度で海タナゴが入れ食いだったけど、今日は低水温で海タナゴも口を使わなかった。
結局、完全ボウズで撃沈。

でも、ポイントを探れたし、この先水温が上がって荒れれば絶対に出ると思っている。
出ればデカイんじゃないかな。
GW頃までは条件が良い日にやってみようと思います。

フォローする

TOP