アイゴの猛攻にお手上げ。

釣行データ

日 付 2018年 6月 29日(金)
天 気 曇り時々晴れ
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ 練り餌
釣 果 な し
釣行時間 3:00-6:00

釣行記

体調が回復して釣行できそうだが、連日の南西強風、場所選択に悩む。まだお腹の調子が完全ではないのでトイレが近くにある方が良いだろうと場所選択。

状況は南西強風、今日で四日目かな。うねりはある、潮は薄い白濁。水温は23.2度まで上昇していた。今日の満潮が日の出前なので上げ潮の暗い時間帯に賭けたいと思っていた。

3:00から開始。潮はやや早い、状況は良さそうだが風が斜め背後~真横から吹いてくる。暗い時間帯はサナギメインで時折練りエサで様子を見る。しかし全くアタリなし。結局、暗い時間帯はアタリなしで終わる。

明るくなってくると徐々にエサ取りが出る。ウキにはモゾッと入るだけで浮いてしまう。練りエサは齧られている。齧られ方を見るとクサフグでは無さそう。やっぱりアイゴかな。その内、コマセにコッパメジナが反応し始めボイルが出る。エサ取りはメジナなのか?なんかおかしい。

4:50、僅かなモゾモゾでアワセたらヒット。しかしこれは黒鯛じゃない、アイゴっぽい。姿は確認しなきゃと浮かせるとやっぱりアイゴ、30cm程度だろうか。乱雑に扱ったら針が外れた。

その後はアイゴの猛攻が始まる。もうクリームダンゴは落ちているときに食われてしまいウキに重さが乗らない。ここで昨年に作ったパン粉配合のクリームダンゴ・ハードタイプを取り出す。ちょっと冷凍焼けして固くなっていたけど、これもアイゴにすぐやられる。5:30、再びアイゴを掛ける。今度は25cm程度だった。ふと周りを見るとコマセが散乱、コマセが沢山入っているからアイゴが湧いてしまったようだ。コマセは流していけよ、お馬鹿さんが。サッカーのサポーターはゴミ拾いしているのに、何で釣り人はこんなにルーズなんでしょう。(怒)

アイゴの猛攻にもうお手上げ。サナギも自作練りエサも全く歯が立ちません。6:00、南西暴風で突風も吹き、ここで終了としました。

暗い時間帯はエサ取り皆無で黒鯛が居れば食ってきても良さそうでした。黒鯛はまだ夏の本活性にはなっていない感じですね。
次回は半夜の予定ですが、この南西強風いつまで吹くんじゃ~。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    ゴミ拾いには同感ですねぇ 虫も湧いてきてしまうし
    自分たちにとってもいいことないと思うんですけどね
    最近は釣りにいけていませんが 沢村さんが調子を出して来たら真似していこうと思います!(笑)

    • 沢村 より:

      コマセを散乱させるとブヨが湧くんですよね。
      調子が出るかどうか分かりませんけど、これからは半夜メインで狙おうと思ってます。

TOP