夕マズメ狙い、カイズバラシ、最後に大型エイ。

釣行データ

日 付 2018年 10月 22日(月)
天 気 快 晴
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ 練り餌
釣 果 な し
釣行時間 15:20-17:45

釣行記

今日も夕マズメ狙いに釣行。風はあるが快晴で暑い。湿疹があり汗が出ると痒くなってしまうので、朝にすれば良かったと後悔。薬も忘れてしまい、痒みを我慢しての釣行。

状況は北北東の風弱い。潮は澄んでいる。水温は21.6度と状況は良さそう。

満潮前の15:20から開始。まずは際へコマセを入れ始める。メジナが乱舞。まずはオキアミで狙ってみるがコッパに取られてしまう。10分してちょい沖の底へ狙いを変更。オキアミで試すが、ハゼらしきのが回収途中で落ちた。その後はエサ取りが出始め、オキアミは秒殺状態へ。練りエサに変えるとほぼ残る。エサ取りは海タナゴかヒガンフグの小さいのだろうか。

16:00、際に入れていたコマセに30前後のメジナが反応している。これを狙ってみる。オキアミだとやはりコッパがオキアミを取ってしまう。練りエサには全くの無反応。オキアミで沖から近目に寄せながら際まで来てやっとヒット。しかし小さい23cmのメジナ。次はクリームダンゴで流すとスコンと入ってヒット。すぐにカイズと分かる首振り。魚体も見えた。しかし寄せてくる途中で暴れられて針ハズレ。カイズは30前後だと思う。もう一度狙ってみるがもうアタリは出ない。

ここからが大変だった。幼稚園児くらいの男の子がまとわり付き始める。おもちゃの釣り竿とルアーを持ってやってきた。ここから質問攻め、何釣ってるの・エサは何・これ(コマセ)は何・何が釣れるの・・・色々と聞いてくる。これだけならまだ良いが、エサをちょうだい、勝手にコマセを撒く、オキアミを持っていってしまう。終いにはおもちゃのルアーにオキアミを付けてちょうだいと。見えているメジナを釣ろうとするのだがそんな仕掛けで釣れるわけがなく。また際ギリギリにしゃがんで小さな竿を振るもんだから、落ちやしないか気が気じゃない。釣りには集中できない。しょうが無い、メジナを一匹釣って持って帰らそうと思ったけど、そんな時は全く釣れない。約一時間、釣りは集中できずじまい。暗くなったから帰りなと言っても帰らない。最後は親が迎えに来た。謝られたが時間は戻らない。

17:00から本腰を入れる。やっと消し込むアタリでヒット。これは大きいが沖に突進する、そして動かなくなる。これは大型エイだな、仕方なくハリスを切る。先日は大魔人さんも掛けたけど、私はここで初めて掛けた。コマセ入れすぎたかな。その後はゴンズイのみで17:45で終了としました。

今日も出ると思ったんだけど、そんなに甘くはありませんね。潮が全く動かなかったのも敗因の一つかも。
また大型のエイが居ると黒鯛は消えてしまうのかな。カイズバラシはちょっと油断してましたね。この先はもっと厳しくなってくると思いますが、出なくても挑戦してみます。次回は静かな早朝が良いかな。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    散々でしたね(笑)
    私の場合はずっとそばにいてエサ持っていかれてもコマセまかれてもいいですけど
    やっぱり際ギリギリに立たれて 落ちでもされたら怖いのでそこが怖いですねぇ
    まぁ近寄ってくれないことに越したことはないんですけど(笑)
    とりあえず1匹釣ろうと思って釣れないのはみんな同じなんですねぇ!
    最近はお腹の調子が悪いわ腰の調子が悪いわで全然釣行に出れていませんが
    配合餌と冷凍オキアミ3kgはストックしてあるのですぐにでも行きたいです(笑)

    • 沢村 より:

      竿はおもちゃ、道糸はタコ糸、なのにルアーは本物でした。フックが二つしっかり付いていて持たせるのは危ないと感じました。
      猫や犬をタモで救助したことはありますが、子供は掬えないよな、もし落ちたら飛び込むしか無いですね。ウロウロされて怖いです。
      オキアミは冷凍焼けしますので気を付けて。(笑)

TOP