自作練りエサ・エビダンゴの大量生産

自作練りエサ・エビダンゴの大量生産に取り掛かりました。
写真左のイエロータイプです。

今回は小麦粉50gに対してエビ粉は2g、総量は小麦粉200gですので4倍の8g入れてみました。砂糖は小麦粉の半分、色素は少なめです。今後、フグの状況次第ではエビ粉の量を増やすかも知れません。
練りエサ作成は極めて簡単、全てを混ぜてから少しずつ水を加え、固まり始めたら密閉して半日寝かす、練り直して水分調整すればOK。
出来上がった量は350gでした。単価を計算してみると、100g当たり30円も掛かってません。マルキューの練りエサが100gで440円しますので、1/10以下と随分と経済的です。フグが多くても躊躇なく使えます。

エビダンゴではアタリ・ヒット・バラシはあるけどまだ黒鯛を取ってません。早くエビダンゴで取ってみたいですね。
一応、マルキューの練りエサで作ったクリームダンゴは今後も使っていきます。
先日のように気配を感じた所でピンポイントで使いたいと思います。
クリームダンゴは実績があり、信頼出来ますもんね。

ちょっと他にエビ粉がないか検索してみた所、食用のエビ粉・エビパウダーが沢山ありました。こっちも気になる所です。
他にもエビ油が見つかりました。やはり食用、これ使えそうですね。油を入れれば練りエサが乾燥しなくて良いらしいです。
今日は横須賀に行ったので帰りに探してみたけど高いのしか無かったです。次回、Amazonで買う時についでに買ってみましょう。

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    まるで料理屋さんのレシピ紹介コーナーみたいにおいしそうな出来ですね!
    自作練り餌は本当にコスパがよくて最高ですよね!
    釣れた時の感動も5割増しです(笑)
    さっきまで嫁さんに言われて急遽20時から21時まで前教えて頂いたポイントに
    イスをもって並んで釣りにいってきました(笑)
    私の方はと言えば完全ツンつるてんのボウズでしたが
    嫁さんが本命を釣り上げました! 場所がわかってしまうので写真はメールの方に送っておきます!
    沢村さんに見せるんだと自分で加工して送ってきましたよ(笑)
    コロナもまた増えてきて大変ですが 有益な情報まってます!

    • 沢村 より:

      奥さん、やりましたね、おめでとうございます。
      写真も見ました。水温低下の中、お見事です。
      私は最近あそこへ入ってませんが、足元に黒鯛見えて結構苛つきます。
      うさぎさんも次回は頑張ってください。私も今日は渚釣りです、

  2. うさぎ より:

    自分の目で見ないと絶対に信じてもらえないような魚がうようよ見えます
    昨日もコイと見間違うメジナと50センチは簡単に超えているクロダイ
    30センチくらいのカサゴが足元うようよしていました
    それでも私はボウズだったんですけど(笑)
    今日の渚報告楽しみにまってますね!

    • 沢村 より:

      見え黒鯛をよく観察すると食う時と食わない時が見えてきますよ。
      ウロウロ回遊してる時はまず食わない、カキ殻を咥えていたり、底を穿っている時、船底を齧っている時は食う可能性ありです。
      今日は渚釣りで41cmでした。食いは渋かったです。

TOP