今朝はチニングでバラシ。

釣行データ

日 付 2020年 6月 15日(月)
天 気 曇 り
小 潮
釣り方 チニング
釣 果 な し
釣行時間 2:40-4:40

釣行記

今朝もチニングに釣行。今日は大潮ではないが、南西強風で荒れ後なので攻めて見ることにした。今日はいつもの場所に入る。

状況は南西風弱い、昨日の荒れでうねり高い、潮は強濁。濁っているときのチニングは初めて。この状況ならフカセと二刀流でも良かったかな。

今日は明るくなれば潮位がどんどん下がってしまう。潮位が高い暗い時間帯を攻めるため2:40から開始とした。7gのジグヘッドにちびチヌ蟹をセットする。2投目だった、ブルルルルとアタリ、思わずアワセてしまったが掛からない。でも、どう考えても黒鯛のアタリではない。多分、シロギスかハゼがワームの爪を齧ったのだろう。回収するとワームに傷はなかった。

しばらく同じポイントを攻めたがアタリはなく、徐々に移動を始める。根回りも攻めたがアタリは出なかった。今度はアマモが繁茂している場所へ。アマモは点在している感じ、たまに引っかかる。一度アマモに掛かり抜けなくなり、回収したらアマモの一部分が針に付いてきた。それをみてビックリ、小さな赤っぽい虫・ワレカラだらけである。黒鯛はこれを食っているはずで狙い目はあっていると感じた。でもアタリは出なかった。

徐々に明るくなって強濁と判断できたので、ワームを目立つ赤系に変更する。4:00、沖にある杭周辺をねちっこく攻めてみた。ここもアマモが点在。5投目だった、回収しようとした瞬間に食いついたみたい、最初は重いだけだったが抵抗を始める。ゴンゴン首を振っているが大きくは無さそう。ついに本命ゲットか?でも寄せてくる途中の首振りで針ハズレでバラシ。トホホ、しっかりアワセは入れなかったよ。ワームは齧り跡なしでちょっとズレていた、魚はカイズかマゴチだと思う。う~ん、取りたかった。

元の場所へ戻ると再びブルルルルと震える振動、今回はアワセずに待ってみたがアタリは続かなかった。周りではシロギスが結構出ているのでシロギスかも知れませんね。最後にフグ場を攻めようと思ったけれど、潮位が下がり岩が露出、これではダメだと終了することにしました。

今日は取りたかったです。魚の姿だけでも見たかった。まだビギナーの域から抜け出せません。早く1枚取りたいです。

次回はフカセの予定を組んでいて、念の為、車が入れるかエサの釣り王に聞きに行きましたが、最新の情報無く分からないとの事。う~ん、困ったぞ、どうしようか。大潮で南西強風ならやりたい場所があるのだが、多分吹かないよな。フカセにするかチニングにするか迷いそうです。

フォローする

コメント

  1. じじい@新横浜 より:

    城ヶ島で型をみられるようになり、潮が変わった
    ようです。 16日に44をゲット、引きを忘れ
    ていたっ… 月2回メドで遊ぶつもりです。

    • 沢村 より:

      44ですか、良いですね。私は完全に引きを忘れてます。
      黒鯛は多いみたいですので今後が楽しみですね。また見に行きます。

TOP