久しぶりに黒鯛ゲット、ジャンボシロギスも。

釣行データ

日 付 2021年 8月 23日(月)
天 気 曇 り
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ
練りエサ アオサ
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 43cm 1.235kg
釣行時間 2:30-4:50
ヒット時間 3:00

釣行記

昨日夕方は体調が良く、この先はワクチン接種で行けないかも知れない。天気も大丈夫そうなので急遽釣行を決めてしまった。さて何処に行こうか。

無風~北風予報なので候補は3ヶ所。結局いつもの場所の更に奥に入ってみる事にした。ここは冬に53cmなど大型釣果が多い、夏は黒鯛が見えるけれど狙わなかった。ポイントは大きなU字状に根がなっている場所、Uの中の砂地をピンポイントで狙う。水深はヒトヒロちょっとの浅場。

状況は無風のち北風弱い、濁りあり、うねりはない。水温は上昇して26.8度だった。

2:30から開始。まずはオキアミで様子見。オキアミは戻ってきた。フグは居ない感じ。コマセを入れ始めオキアミで流す。今日も蒸し暑くネッククーラーを使用、体は大分楽になる(と思っている)。置き竿にしてあったのだが、アタリが出ていた。急いでアワセる。重くはないが抵抗はある。大きいフグかと思ったら、またしてもジャンボシロギス、計測すると25.5cm(持ち込みの時は縮んだ)もあった。針を飲んでいて抜いたら内臓ごと抜けてしまい、美味しく頂くことにした。

シロギスが出れば黒鯛が出る確率がアップする。ちょっと期待する。オキアミで続けていたが、フグではない何かが齧っているようになる。

3:00前から練りエサに変更。練りエサはアピールホワイトに黄色色素+小麦粉を加えて硬くした新クリームダンゴ。するとモゾモゾしてから無反応に、回収するとクリームダンゴが取られていた。同じポイントにもう一度入れる。またモゾモゾ、押さえ込み。ちょっとフグっぽいアタリ。小さくチョンとアタリが出て軽くアワセてみた。すると急に強烈な締め込み、体制を立て直しレバーで対処。ゴンゴンと頭を振り黒鯛と確信。夏黒鯛らしき走りを見せる、PEラインだから堪らない引き味。慎重に寄せてタモ入れ、月夜だったのに月が隠れてしまい見えない。タモ入れ数回、何とか入った。43cm 1.235kgの黒鯛をゲットしました。

よし、もう一枚を狙うがもうフグが出てくる。黒鯛が消えればフグがすぐに出てきやがる。それでも練りエサが残る時間帯もあったがアタリは出なかった。

4:00前にはフグが煩くなる。明るくなった4:30にはフグ地獄突入。今日は乾燥アオサを戻して試してみる。これはフグは食わない、残りっぱなし。3回流したがアタリはない。最後にサナギを試すがフグ入れ食い、ハリスはガタガタ、針を取られた所で終了としました。

久しぶりなので帰りにエサの釣り王で計量して貰いました。今日は釣行して良かったです。8月はやっと1枚です。9月はもっと取りたいですね。

フォローする

TOP