海水温上昇、フグ地獄。

釣行データ

日 付 2021年 10月 5日(火)
天 気 快 晴
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ サナギ 練りエサ イカタン
釣 果 な し
釣行時間 2:00-4:30

釣行記

今日は満潮が3:30頃、その前後一時間半を半夜で狙う事にした。ただ南西風が吹いている。入れるかどうか早めに出掛ける事にした。

到着すると南西強風なのは分かる。陸はそれほど吹いてないのに海は強風、これは海風だね。風波もあり出来るか微妙。取り敢えず様子見に行ってみる。やはりかなりの強風、出来ないことは無さそうだが風に立ち向かうのは辛い。場所移動する事にした。

移動先は浅場でフグが多い場所。もう1ヶ所候補があったのだが、下見して無くて状況分からず、風裏に入る。ここは前回チンチン、7月には数が出ている、昨年には10月にもカイズが出ているのでやってみる。

状況は南西強風、斜め背後からの風。濁りはない。うねりというか風波はかなりある。水温はやっぱり上昇、24.5度まで上がっていた。相模湾側に暖水流入が原因。フグの活性が心配。

2:00から開始。最近はサナギが調子良いので最初からサナギで攻めてみる。潮は風に押されて動いていた。コマセを入れ始めるがサナギは残ったままの状態だった。

15分後、コマセが効き始めるとクサフグが出始める。でも、サナギが残ることもあった。徐々にクサフグの勢いが増してくる。満潮の3:30まで同じような状態。

潮が下げに入ると潮の動きが逆になる。徐々にフグの勢いが増してくる。クリームダンゴやイカタンに変えるとフグが掛かるが、サナギはアタリ無く取られるばかり。際を攻めたり、沖目を攻めたり、コマセの入っていない左右を攻めるがサナギは持たない。

最近は再びの暑さの影響で体調が良くない。4:00には疲れが出てきた。5:00過ぎまで続ける予定だったが、4:30に連続して針を取られ、気力が無くなる。これ以上続けても明るくなれば更にフグ地獄は見えている。疲れもあり、ここで終了としました。結局、黒鯛の気配は出ませんでした。

今日は東京湾側の渚という手もあったんですよね。あっちは水温22度台ですし。ただ今日取って次回に渚へ行くつもりでいました。南西強風さえ無ければ、最初の場所でカイズくらいは出ていたと思うんですけど…風を読めず、場所選択ミスでした。また今朝もやや暑かった、10月の暑さは体に堪えます。早く寒くなって水温低下して欲しいです。

帰りに広範囲に下見、入れるかどうかも見てきた。最後に今日の第三候補へ下見。以前は見えなかったのに、大型黒鯛ばかり見えました。次回の南西強風時はここも考える事にしましょう。やっぱり下見は重要だったな。

フォローする

TOP