フグの中からカイズ32cmゲット。

釣行データ

日 付 2017年 11月 23日(木)
天 気 曇 り
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 カイズ 32cm
釣行時間 15:00-17:40
ヒット時間 16:40

釣行記

今日は雨上がりの午後から黒鯛狙いで釣行。今日は祝日、釣り人は居るかもしれないので数ヶ所候補を上げておく。

到着すると最初に予定して場所はルアーやエギングの人、入る場所はあったけどアチコチ投げているので敬遠した。2ヶ所目は空いていて入る。ここは久しぶりの場所。

まずは状況確認、うねりが少しある、濁りは薄い。水温を測ると17.3度、あまり変化は無いな。最初は弱い北東だったが次第に東の風が強くなってくる。

準備していると鈴木さんが様子見に来た。色々と情報交換。鈴木さんはかなり離れた場所に入るらしい。

まずはタナ計測、沖目に投げると何かに引っ掛かる。何度も同じ場所で根掛かりで針ロスト。底は砂地なのにおかしい、網か何かが入っているのだろう。ポイントを変えても沖目に投げると引っ掛かる。まあいいや、ちょい沖から竿下を狙うことに。

15:00から開始。最初はオキアミで様子見、エサ取りはいる感じ。10分後、ウキが消し込みヒット、しかし手のひらサイズのチンチンだった。次も連続ヒット。今度は大きいぞ、しかし引きはアイゴそのもの。35強のアイゴをタモ入れ。ここからサナギに変更していく。サナギは丸残り、どうやらアイゴはサナギは食わなくなってきているようだ。オキアミに変えるとまたアイゴ35cm。

1時間後に練りエサでやっているとまたアイゴ30強。日没近くなるとクサフグが出始める。サナギも秒殺状態に。針はバンバン取られる。こりゃ今日はダメかも。

ここから自作サナギダンゴを取り出す。大きく付けると多少持つ。針に芯残りしていれば黒鯛が食うはず。自作サナギダンゴで粘る。暗くなってきた16:40、自作サナギダンゴでモゾもそ、一回ウキが入ったが浮いてしまい、もう一度のアタリでアワセるとヒット。これはまあまあか、黒鯛の首振りを感じたが見なければ分からない。結構走り回り楽しませてくれる。寄せてくると魚体が見えてカイズだ、タモ入れも決まり32cmのカイズをゲットしました。

よし、まだ出るはずだと続けるがフグの絨毯状態突入。自作サナギダンゴも秒殺状態。今日は体調があまり良くないので17:40で終了としました。

黒鯛が入ればフグが消えるはずなんだけど、消えませんでしたね。フグの中からカイズを拾った感じです。でも、取れて良かったです。今日も自作電気ウキ使用、視認性と感度は抜群、このウキ最高だわ。

フォローする

コメント

  1. はまお より:

    今年のクロダイ釣はそろそろ、終わりじゃないですか? 冬になってくると、食わんですね。 種目を変えて、スズキ釣りたいですね! 只今、PEライン注文中です。

    • 沢村 より:

      そうですね、黒鯛は食わなくなってきます。
      でも、面白いのはこれからですね。過去に12月には年無し数枚上げてますし、昨年も12/6に51を上げてます。数は出なくなりボウズも多くなります、でも出れば大型。難しい分、楽しかったりします。

      スズキは良いですね、私もやりたいけど黒鯛用のタックルでは上がらないよな~。

  2. はまお より:

    やは狙う場所で、シ—ズンのもち具合に差が出るという事でしょうか?小生の場合は浅場狙いなんで、水温の低下とともに、打ち切り状態ですね。深場を狙うと、でるのかな・・?
     スズキ狙いのルア-など、池の金魚に追わせてみると、結構、あたり外れがよくわかります。 今はやりの銘柄プラグなど結構ダメなんですよね。魚は正直ですよ!
    ブランドより、複雑なカラ—がアピ-ルするみたいです。餌釣りもよさそうなのでなんとか
    一匹あげたいですね

    • 沢村 より:

      これからのシーズンは黒鯛の居着き場所があるかどうかでしょうね。ワカメ棚やブイ群、ロープなど障害物があれば浅場でも黒鯛出ます。
      ルアーも奥が深そうですね、頑張ってください。ちなみに私もルアー1個持ってますが、海に投げた事がありません。(笑)

TOP