久しぶりの荒れ後狙い。

釣行データ

日 付 2018年 12月 5日(水)
天 気 晴れ時々曇り
中 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練り餌
釣 果 な し
釣行時間 4:15-7:15

釣行記

11月は南西強風なし。昨日はやっと南西強風、夜は暴風になった。久しぶりに荒れ後に釣行してみる事にした。

この場所は8月に竿を出したが、それ以降はやってない。最近、下見に行くけど状況は悪くなっている、夏は黒鯛が見えていたが全く見えなくなった。

網がないのを確認してから入る。状況は北~北東の強風、一時は突き落とされそうなくらいの突風も。濁りは薄い、僅かに白濁してるだけ。強濁を期待していたんだが…。水温は19.4度と高い。うねりは僅か。

暗い時間帯に賭けたいので4:15から開始。潮位は高く、潮は動いている、雰囲気はいい。まずはオキアミで様子見。オキアミは無傷で戻ってくる。一度モゾモゾしたので回収してみたけど、またもやオキアミはそのまま。練りエサやサナギも使う。

オキアミで流しているとアタリがないまま針を取られる。フグが出始める。練りエサで小さいヒガンフグ。オキアミで小さいマハタ。徐々にフグが煩くなり始め、サナギをメインにエサをローテーション。しかし明確なアタリは出なかった。

徐々に明るくなり始めるとフグの勢いがMAXに。サナギも当たりなく取られる。もしかしてアイゴも居るのか?

明るくなってきてウキのテストも兼ねる、先日の際狙いでウキのトップを2本折ってしまった。そこで新しいバージョンのウキトップを作りボディはそのままリメイクした。主に練りエサ専用だが感度は最高だった。視認性も問題なし。

そろそろ帰ろうかと思い始めた7:00、突然フグが消える。黒鯛の気配なのか?自作サナギダンゴは残りっぱなし。そしてようやくアタリを捉えてヒット。最初は黒鯛だと思ったんだ、でもなかなか上がってこない、引きも雑、やっぱりアイゴでした。久しぶりに記念撮影、36cmありました。フグが消えたのはアイゴが入ってきたからなのね、紛らわしい。

その後も続けるともうフグの絨毯状態、7:15で終了としました。

今日はカイズ・チンチンくらいは出ると思ったのですが、やっぱり状況は良くないのでしょうか。例年今頃の水温は17度位ですもんね、今年の冬は厳しいかも知れません。

フォローする

TOP