浅場でやっとカイズ2枚。

釣行データ

日 付 2020年 9月 4日(金)
天 気 晴 れ
大 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 カイズ2枚
サイズ 27cm 25cm
釣行時間 2:50-5:15
ヒット時間 3:05 4:50

釣行記

今日は南西風、うねりもある、明け方が満潮、8月は不発だった浅場狙いへ釣行を決める。念の為、うねりで揉んでいたら移動できるよう他の場所も考えておく。

到着して様子見。うねりは収まってきたみたい。台風10号のうねりは届いてない。開始することにする。

状況は南西風弱い、うねりあり、潮は強濁、これで激流なら最高な条件に見える。水温は27.2度とまだ高い。

2:50から開始。さてフグの活性はどうだろうか。オキアミは残る、2投目でゴンズイ。コマセを入れ始めて練りエサとサナギで粘る。今日もオキアミは数粒しか使わなかった。潮は激流にならず緩やかな流れ。フグは居ない感じ。

15分経過の3:05、潮が反対流れに変わる。サナギで長く流してみるとアタリ、モゾモゾして押さえ込んで動かない。これは食っていると確信、アワセてヒット。すぐにカイズと分かる引き。抜き上げて27cmのカイズをゲット。昨年の8月はほぼ入れ食い、今年はフグ地獄。ここにきてやっと食ってきたか、大きいのも居る筈、サナギで狙っていく。

潮は5~10分置きに入れ替わる、釣りづらい。正面に仕掛けとコマセを入れ、どちらに流れても対応できるように考える。フグは消えたまま、練りエサでもサナギでも丸残り。ここで誘い釣法を繰り返すがアタリは出ない。

4:20頃からサナギと練りエサでアタリが出る。消し込まず、待っていると浮いてしまう。ウキが入ってもアワセても掛からない。イライラが続く。これはフグなのか黒鯛なのか分からなくなってくる。空が明るくなり始める4:50、サナギでモゾモゾ、一旦浮いてからまたウキが入る、ここでヒット。今度は走り回る、30はあると思った。しかしタモ入れしてみると小さかった。25cmをゲット。全て撮影後リリース。

明るくなるとフグの猛攻が始まる。5:15、暑さでもう限界、ここで終了することにしました。

今朝は小さいカイズ2枚、大きいのも居ると思うんだけど口を使わないのかな。暗い時間帯はフグが消えたままだったので、この状態なら次回は期待できるかも。台風10号通過待ちですね。九州に被害が出ないことを祈ります。

 

フォローする

TOP