スポンサーリンク

半夜釣行、食い渋りでカイズ1枚のみ。

釣行データ

日 付 2022年 8月 5日(金)
天 気 曇|晴
小 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 カイズ 33cm
釣行時間 18:55-22:00
ヒット時間 20:50
スポンサーリンク

釣行記

今日は涼しいので夕方からの半夜釣行と決めた。さて何処に行こうか。東北東の弱い風なので行きたい場所は一杯ある。渚も考えたのだが、この時期は花火をやられるとアウト。金曜の夜なので先客の場合もある。浅場・深場、何処へでも行けるように全部持参する。

まずは最初の候補地、二人居るが釣りではない。泳いで休憩している様子。暗くなれば帰るだろうと入る事にした。入れ替わりに帰っていった。

ここも黒鯛が見えるので様子見、しかし1匹しか見えない。いつも早朝なら5-10匹は見えるのに嫌な予感。沖合を見ると旗あり、あ~8月からエビ網漁が始まったんだ。かなり沖合だし大丈夫だろうと開始する事にした。

状況は東~東北東の弱い風、涼しくて丁度いい。ベタ凪、澄み潮。水温は26.1度だった。

18:55から開始。フグが出ると思うのでコマセ入れずにサナギで流す。一度サナギは戻ってきたが次は取られる、その次は残る。4投目、サナギでモゾモゾしている。消し込みを待ってアワセ、しかし掛からなかった。回収するとサナギ粒は潰されて針に残っていた。黒鯛だったな、もっと待つべきだったか。

コマセを入れ始めるがもうアタリは出ない。サナギは残りっぱなし。練りエサ各種使うが残りっぱなし。今度はオキアミを使ってみる。19:40、明確な消し込みで掛かったのは20cm越えのシロギスだった。掛かりが浅かったのでリリース。ここでふと気付く、シロギスが出ると黒鯛が出る確率が上がるんだった。大体80-90%の確率でシロギスが釣れた時は黒鯛も出ている。ちょっと期待する。

20:00前、暗いのにフグが出始める。ハリスはガタガタに噛まれる。生サナギダンゴでも秒殺状態。所が15分程度でフグは消えた。これは黒鯛の気配だろう。しかし何をやってもアタリが出ない。

フグが消えているなら食いの良いクリームダンゴに頼るしか無い。20:50、モゾモゾ継続、ウキが一度浮き上がってから押さえ込まれた。ここでアワセてヒット。最初は小さいと感じたが、いきなり突っ込み始める。レバーで交わせた。元気に走り回る。慎重に寄せてタモ入れ、33cmのカイズをゲット。カイズだったけれど出てくれて一安心。やっぱりシロギス釣れると黒鯛も釣れる。

次を狙うがもうフグが出ていた。でもまた15分で消えた。オキアミはキンギョやゴンズイが掛かるのでサナギで継続。しかしアタリは出ない。クリームダンゴも残りっぱなし。22:00まで続けたがアタリ無く終了としました。

食い渋っていただけなのか、網の影響で警戒していたのか、もっと出ても良さそうでした。でも1枚でも引きは強く楽しめたので良かったです。

さて、来週はまた南西強風続き、風があれば涼しいかな、釣行を予定しています。お盆に入ると釣り場は混むかな、ライトを持って入ってくる人だけが嫌ですね。

コメント