水くみバケツ、新調。

現在、使っている水くみバケツはシマノ製の楕円のやつ。
水が汲みやすいようにバケツ自体にオモリが仕込まれているが私は不要だ。長い間、オモリなしの水くみバケツ使用でコツを掴めばオモリはいらない。オモリは邪魔で重いだけなので購入直後に切り取って使っている。
シマノ製はロープが太くて滑らなくて気に入っている。バケツとロープが外れるのも良い。ロープに付いたナスカンは塩ガミして壊れるので100円ショップで購入して交換している。

もう4年くらい使っているだろうか。水漏れはないけど周囲が擦り切れてきた。特に上部はステンレスの骨が見える。
そろそろ買い替えるかなとネットで物色。シマノ製は相変わらずバケツに重り、他のメーカーも外れないオモリが仕込んである。オモリが外せれば最高なのに。

私は水くみバケツにエサバッカンクリップポールを取り付けて、自作エサバッカンを掛けている。
なのでエサバッカンクリップポールが取り付けられる事、重りがない・または切り取られる事が出来るのが第一条件。そしてバケツとロープが取り外せる水くみバケツが欲しい。
以前に安物を買ったが、半年で底から水漏れした。やっぱり有名メーカー製が良いだろう。

水くみバケツをエサの釣り王などで色々物色。マルキューとサンラインで迷ったが、マルキューのはオモリが取り外せない。購入したのはサンラインの水くみバケツIII(SB-515)。これはオモリが切り取れそう、エサバッカンクリップポールも取付可能でこれに決めた。
開封直後、ハサミでオモリを即座に切り取る(笑)、上手く切れた。ロープは以前のシマノ製を使い、これに付属のロープはちょっと短めにしてフローティングスカリ用にしてしまいましょう。

水くみバケツにエサバッカンクリップポールと自作エサバッカン(タッパー・冷凍庫に入っていて霜付き)を掛けた状態。もう、ジャストフィット。

話が変わるが、最近もう一つ困っていることがある。
ギャラリーが水汲みバケツを覗きに来るのだ。私はサナギも使うのでモロ見える。釣れますか?とか中には黙って水汲みバケツを覗き込んで(勿論海水しか入っていない)サナギに気付きウギャ!!と言う人も。そんな所に入る魚は釣ってませんですよ、魚は足元のスカリに入っているのに。
先日も間違わられたがアジやイワシでも釣っていると思われるんだよな、フローティングベストにブーツ、格好はしっかり磯師なのにね。やっぱり行く場所が場所なだけに小物狙いと思わるのかも。コマセバケツかエサバッカンに黒鯛師と書いておきましょうか。(笑)

フォローする

コメント

  1. うさぎ より:

    今日まさに炎天下の中行ってまいりました!
    オキアミは一切取られず練り餌だけ取られるという過去にない状態でどうしていいかわからず とりあえず練り餌一本でやっていたところ 30cmあるかないかですが釣れました! 小さくてもやっぱりうれしいです(笑)
    あまりの暑さに魚も辛いだろうと即リリースとなりましたが満足に楽しめました。
    バケツの中覗かれるのよくありますよねぇ 私は困るというより全然入れる魚が釣れないので恥ずかしいです(笑)  でも確かに水くみバケツに入るサイズは狙ってませんね!笑

    • 沢村 より:

      炎天下の中、1枚でも取れて良かったですね。
      声を掛けずに水くみバケツだけそーっと覗かれるのには、こっちは釣りに集中して気付かず驚いてしまいます。
      スカリを開けて黒鯛を見せてあげると、こんな所でこんなの出るの?と驚く人が多いです。でも、これが気分が良かったりします。(笑)

TOP