条件最悪で移動、しかし暴風で撤収。

昨日は南西風になったけれど暴風は短時間、しかも雨で体調優れず釣行はしなかった。
今朝は荒れ後を狙って釣行する事にした。北西風になるのは分かったいたので、風を交わせる場所へ。

到着して様子見、愕然とする。
濁りを期待していたのに潮はスケスケ、試しに浅い所をライトで照らすと底丸見え状態。
やっぱり荒れが足りなかった。
ポイント沖では漁船がライトを照らして作業している。これではダメだな、移動を決意。
この時、風は弱かったので完全に忘れていた。

第二候補に到着。まだ風は弱い。これなら問題ない、開始する。水温を測ると11.9度しか無い。これまた厳しそう。
最初は風も問題なかったが、徐々に北西の強風へ。この場所で北西強風の経験がなく、山などで遮ってくれるだろうと思っていた。
しかし、風は正面から。潮は動いてなかったが、早くなり激流状態。
風に押された表層の海水が川のように流れ込んできている事が判明。
明るくなれば風は止むだろうと思っていたが、その逆で暴風状態へ。
もうダメだ、6時前に撤収。

こんな強風になるなら最初の場所でやるべきだったかな。まあどっちにしても出なかっただろう。
北西強風時は釣りにならない事が分かったのが今日の収穫かな。
この所、南西風は長い間強く吹かず、一昨日は雹が積もるほど降った。暖かくなったり寒くなったり、ここの所、本当に変だよね、水温も。
海況図見ると、黒潮分岐流近づいてきてますね。これからに期待です。

フォローする

TOP