年無し黒鯛ゲットしちゃいました。

釣行データ

日 付 2020年 2月 18日(火)
天 気 快 晴
長 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 黒鯛1枚
サイズ 51cm 2.24kg
釣行時間 14:00-18:10
ヒット時間 17:40

釣行記

昨日は南西暴風、今日は西風強風から徐々に弱くなり北風に変わる予報、長潮で夕方は潮位低いが釣行することにした。久しぶりの場所へ釣行と決めた。

まずは様子見。西南西のやや強い風、ちょっと白波が出ている。問題ないと判断して入ることにした。

荷物を持って入る時、何やら魚影が見えた。ボラかスズキか相当大きい。徐々に魚は近づいてきた、あれ黒鯛じゃん、しかも太くて大きい。アオサでも探して入ってきたのだろうか。人影に気付くと黒鯛は沖へ消えた。度々、見に行くがそれ以降は見えなかった。う~ん黒鯛は居るぞ!!

状況は南~西風、強くなったり弱くなったり。潮はやや白濁。水温は15.3度と高かった。クサフグが煩そうで心配。見えた近くでやろうと思ったが、今日は暗くなる時間がド干潮。ある程度水深のある場所で開始することにした。このポイントは昨年の夏に大型を取っている。

14:00から開始。最初はクサフグは静かだった。クリームダンゴも残りっぱなし。今日はアオサやアオサダンゴ、キビナゴ、サナギ漬けこんにゃくなど持参してきたが不要だったかな。結局、アオサダンゴしか使わなかった。

しかし徐々にクサフグが出始める。針掛かりもする。サナギも持たなくなるが自作サナギダンゴなら持つ。これでフグが消えるのを待つ。

15:30、その時は訪れた。クサフグが消える。黒鯛の気配だ。でも、オキアミではフグが掛かってしまう、クリームダンゴなら持つので続ける。誘ったり、色々試すがアタリを引き出せない。ポイントも変えてみるがアタリは出ない。黒鯛は入っている筈だが食い気がないのだろうか。試行錯誤、しっかり底を切ったり、底スレスレで流してみたりしたがアタリは出ない。

20分程度気配は続いたが、徐々にフグが出始め、元の状態に戻る。う~ん、黒鯛は居たはずなのに悔しい、今日はもう出ないかもと思い始めた。日没後もフグの勢いは増すばかり。

暗くなってきて電気ウキへ変更。潮位はどんどん下げる。そろそろ限界も近い。自作サナギダンゴはほぼ残る。サナギも残ったり取られたりボロボロにされたり。水温が15度あればサナギで食うと思いサナギで継続。

17:40、空も僅かに明るい程度。サナギで流すとツンツンとフグの反応。スルーしているとちょっと違う押さえ込みアタリ、それもスルーすると一気に消し込んだ。反射的にアワセるとズシンと衝撃。すぐに沖へ突っ込まれ竿が伸される。ドラグが唸ってカバーしてくれた。レバーに切り替え対戦開始。エサはサナギ、ボラやエイの可能性は無いだろう。その内、大きいストロークのゴンゴン来ました。しかし重量感たっぷりの走り、砂地側へ走ったので私も一緒に移動。徐々に寄せてくる。デカそうだ。タモ入れも苦戦、何とか入った。しかし重くて持ち上がらない。竿を置いて両手で引き上げ。あれっ、50超えてそう。計測すると51cm、しかも2kg超えの2.24kgもありました。やったぜ!!一人でガッツポーズ。

続けるともうフグだらけ。18:10まで続けて満足したので終了としました。

あ、今日はエサの釣り王は定休日だった。朝まで活かして持って行っても良いが、明日は朝から出掛けなければいけないんだった。まあエサの釣り王へ持っていくのは55cm・3kg超えてからにしましょうかね。

今日はまさかの年無し黒鯛ゲットとなりました。この黒鯛が見えていた黒鯛かどうかは分かりません。最近はここも黒鯛が見えなくなり下見もしていませんでした。やっぱりちょくちょく下見しなければダメですね。そして何よりサナギに食ってきたのは驚きでした。フグの間を縫って食ってきたんでしょうか。あの気配の時も黒鯛が入っていたことは間違いなさそうです。

さて次回はまた渚と思ってましたが、そろそろこっちも攻めてみることにしましょう。次回は55cmを狙っちゃいます、そう簡単には出ないけどね。

フォローする

TOP