荒れ後の早朝釣行、水温低下で気配なし。

釣行データ

日 付 2020年 12月 25日(金)
天 気 薄曇り
若 潮
対象魚 黒 鯛
エ サ オキアミ サナギ 練りエサ
釣 果 な し
釣行時間 5:10-8:00

釣行記

昨日は南西強風で荒れた、今日は荒れ後を狙って早朝釣行する事にした。場所は久しぶりの所に決める。

到着して入る事にする。状況は無風のち北東やや強い風、昨晩の西風は残ってなかった。濁りは期待したほどなく薄濁り程度。うねりはかなり高い。水温を測ると15.1度しかない、もう一度測ってみたが同じだった。水温下がったばかりかな、ちょっと厳しそう。

5:10から開始。防寒服を着てきたが暖かくて上着は脱ぐ。オキアミで開始すると残ってくる。コマセを入れ始めるとオキアミは触られた形跡、練りエサで流すと無傷なのでフグではなくウミタナゴかヒイラギ。フグは全く出て来なかった。潮はかなり早く流れていて雰囲気はいい、でもアタリ無しで眠くなってしまう。

徐々に空が白けてきて日の出、日の出前には綺麗な朝焼けが見られた。綺麗だったのでスマホで撮影。日の出も綺麗だった。まだフグは出てこない状態。オキアミはウミタナゴに頭だけ取られる、練りエサやサナギはそのまま残ってくる。例年、ここはヒガンフグが多いのだが、それも出ない。コマセが入っていない影響なのだろうか。

同じ状況が続くが7:30にモゾモゾアタリが出始める。黒鯛だろうか、でも消し込まない。7:40にやっと掛かったのはクサフグだった。クサフグを釣った後はまたオキアミが残る。7:50、オキアミでやっと消し込み。カイズかチンチンか?上がってきたのは久しぶりのヒガンフグだった。その後はアタリも途絶え、8:00で終了としました。

フグが静かなのは良いけれど、多少は居たほうが消えたりして気配が掴みやすいのに。まあフグ地獄よりはマシかな。

釣り納めは30日の予定にしていたけど、暴風なのか雨なのか雪になるのかまだ分からない。寒波は非常に強く、数年の一度のレベルらしい、どんな気象現象が起きるかまだ分からない。年末なので無茶はしたくないし、30日がダメそうなら28日にチンチンと戯れるか、どうしよう。最悪、今日が釣り納めになるかも知れません。

フォローする

TOP